パワーストーンイメージ

『痔』に苦しむ父親にペリドットのパワーストーンをプレゼント

彼女から『パワーストーン』のアクセサリーをプレゼントされてからというもの『パワーストーン』の種類や効果を調べる機会が増えてきた。
そして石の効果には健康に効果がある宝石もかなりあるんだって事を知りました。
実はうちの父親は『痔』を長年患っていました。
『痔』って人には言いづらいし、病院にも行きづらい病気。
でも、ほうっておいて悪化でもしたら命に関わる病気なんですよね。
うちの父親も恥ずかしいからと、病院にもいかず誰にも言わず市販の薬で痛みをごまかして、療養してたようです。
それがなぜ私の知るところとなったかと言うと父が使った薬がテープルの上に置いてあったから。
うっかり片付け忘れちゃったのだそう。
「あんまり痛くてひどくなったら、早く病院に行ったほうがいいよ」って言って、それ以上は特に何も言わなかったけど、椅子に座ったり、こたつに入ってあぐらをかいてる時、長く座ってると、とっても痛くて辛いみたい。
「なにか少しでも『痔』に効果があるものはないかな」って探していたとき、『パワーストーン』の『ペリドット』の効果が書いてあるサイトを見つけたんです。
ペリドットは古くから『痔』の治療薬に用いられ、他にも肝臓の病気や食欲不振に効果がある石。
父も年で、体も若い時みたいに元気な時ばかりではないし『痔』にも効果があるなら、と気持ちを込めてパワーストーンのお店で自分でペリドットの石を選んで、ブレスレットを作って上げました。
長生きして欲しい、いつまでも元気で健康にって願いを込めて・・・そしていざ、プレゼントししたら「ブレスレットなんてつけるの柄じゃないけどな」って照れくさそうに言ったけど、今でも身につけてくれてる。
その効果があってか、最近は椅子に座ってても辛そうな素振りも見せないで、食事を囲んでる。
そして大好きなテレビもビールを飲みながら見てて、思い切って『ペリドット』の『パワーストーン』で作ったブレスレットをプレゼントして良かった。
やっぱり石の効果は相手を思ってプレゼントすれば必ず幸せをもたらすんだね。
こんなに効果があるなら、おばあちゃんやおじいちゃんにも作ってあげてプレゼントしてあげようって思いました。
『ペリドット』はちょうど緑で黄緑色や褐緑色だからそんなに派手ではないし、普段から身につけるにはちょうど良い色だから。
自分で石を選んで、自作して作ってあげたらもっと喜んでくれるし、効果もあるから。
健康を願う相手にプレゼントしてあげよう。
こちらにはパワーストーンの心を和ます効果について解説されています。
癒しの効果を持つパワーストーンもプレゼントしたら喜ばれるでしょう。

Copyright(C) 2014 運をUPしよう.com All Rights Reserved.